自動車保険 値段

知っている人だけ得をする自動車保険の費用!

知っている人だけ得をする自動車保険の費用!
 
複数の保険会社から見積をもらうことで最大5万円も安くなります! 
 
その秘密は・・・

自動車保険で最も値段をかけるべきプランは?

自動車保険,値段

 

自動車保険のプラン

 

自動車保険は幅広い補償内容を持つ保険です。
そのため、あれもこれもと欲張ってしまうと、保険料がとんでもなく高くなってしまいますので、
どこにお金をかけるべきかを知っておくことが大切だと言えるでしょう。

 

 

 

ここで自動車保険の基本ですが、大きくは被害者への補償、自分への補償、
自分の車両への補償の3つに分類できます。
その中で、最も気をつけておきたいのが被害者への補償です。

 

 

 

対人・対物賠償保険と呼ぶのですが、この保険はかなり重要だと言えます。
その理由は単純で交通事故における賠償額が高額化しているのが原因です。
人身事故を起こしてしまった場合、まずは自賠責保険から賠償をすることになります。

 

自動車保険,値段

 

この時に自賠責保険の内容で済めば良いのですが、
それで済まなかった場合は対人・対物賠償保険の出番です。

 

 

 

最近、良くニュースでも流れるコンビニなどに突っ込んでしまった、というケースでは
お店への被害も賠償しなくてはいけませんし、ケガをした人がいれば
その人の治療費も賠償しなくてはいけません。

 

 

 

この場合、両方あわせると8桁9桁の賠償額を支払うことも珍しくありませんので、
対人・対物賠償保険についてはしっかりとかけておくべきだと言えるでしょう。

 

自分に対する補償

 

もう1つ重視したいのが、自分に対する補償です。
これは人身傷害保険などが一般的なのですが、対象となるのは搭乗者という形です。

 

 

 

保険を手厚くすれば、車に搭乗中でなくとも事故の被害に遭った時には
保険を支払ってもらうこともでき、非常に幅の広い保険の1つだと言えます。
あれば便利なのですが、保険料を節約したいのなら搭乗中のみでも充分です。

 

 

 

車両に関する保険については完全に個人の考え方1つです。
新車購入時のみつけるという人もいれば、中古車でも購入した場合は
つけるという人もおり、それぞれの事情で考えると良いでしょう。

 

 

 

>>>自動車保険の値段と免許の関係について

自動車保険を見直すなら

今の自動車保険はあなたに合っていますか?
年齢やライフスタイルの変化で自動車保険の値段は差がつきます。

簡単に一括見積もりが無料でできます!
今すぐ自動車保険を見直す