自動車保険 値段

知っている人だけ得をする自動車保険の費用!

知っている人だけ得をする自動車保険の費用!
 
複数の保険会社から見積をもらうことで最大5万円も安くなります! 
 
その秘密は・・・

外資系の自動車保険は従来のものと何が違うのか?

自動車保険,値段

 

外資系の自動車保険

 

保険業界の緩和がなされて以降、国内の保険会社だけではなく、
外資系の保険会社も参入してきており、消費者側としては
選択肢の幅が広がったと考えて良いでしょう。

 

 

 

外資系の保険会社は、信用できなさそうとイメージする人も多いのですが、
実際のところはどうなのかを解説していきます。

 

外資系の自動車保険

 

外資系の自動車保険ですが、従来のタイプとは異なり、ダイレクト型と呼ばれています。
ダイレクト型というのは、代理店を通さずに消費者と保険会社が直接に契約をするタイプのことです。

 

 

 

対して、従来の自動車保険は代理店型と呼ばれており、
代理店を通して保険会社と契約するという形ですね。

 

保険料金の安さ

 

この2つの大きな違いとしては、保険料金の安さにあります。
仮に同程度の補償をつけたもので比較すると、かなり保険料金が違ってくるそうです。

 

 

 

どうしてここまで料金に違いが出るのかと言うと、1つは代理店を持たないことがあげられます。
代理店を通す場合、どうしても人件費がかさんでしまってその分を料金に上乗せしておく
必要が出てくるのです。

 

 

 

しかし、ダイレクト型の場合は代理店を通さないことから、余計なコストをカットすることができ、
その分を保険料金の割引できると考えてください。
もう1つはリスク細分型という方式をとっていることが大きいです。

 

自動車保険,値段

 

これは過去の事故データなどから、事故を起こしやすい要素というのを抽出し、
あらゆる分野においてリスクの高低を設定するというものですね。

 

 

 

性別なら女性の方が事故を起こしにくい、年齢なら若者の方が事故を起こしやすい、
などのようにデータを細分化することで、保険料金が増える仕組みになっています。

 

 

 

近年では国内の保険会社もダイレクト型を運営するようになってきており、
ほとんど垣根がなくなってきていると考えて良いでしょう。

 

 

 

>>>自動車保険加入の値段はみんなどれくらい払っている?

自動車保険を見直すなら

今の自動車保険はあなたに合っていますか?
年齢やライフスタイルの変化で自動車保険の値段は差がつきます。

簡単に一括見積もりが無料でできます!
今すぐ自動車保険を見直す